海洋散骨とは

海洋散骨とは、自然葬の1つの方法です。
海は「生命の源」と言われ、見ているだけで、多くの人々の気持ちを、穏やかに、落ち着かせる場所でもあります。
「海に還る」という言葉もあり、生前から「私が死んだら、海にまいてくれ」とご希望している話をよく耳にします。
ご本人(故人)の希望であれ、実際に海に遺骨をまいた方は多くありません。

海洋散骨.comは、そんなご家族のお役に立てればよいと思っています。

海洋散骨を選ぶ人たち
先述した「私が死んだら、海にまいてくれ」には、
いろいろな思いが詰まっていると考えられます。

「海が好きだった」
「先祖のお墓はあるけど遠い、入りたくない」
「お墓がない、無宗教なのにお墓をたてるのか?」

いろいろなお話をお伺いすることがございますが、ほとんどの方が、
「残った家族に、負担をかけたくない」思いやりのお気持ちで、海洋散骨をお選びいただいています。
お墓という形にこだわらない、
ご家族に沿ったお別れの形を実現しています。
お墓には維持管理が必要です。
管理費やお布施、清掃費(ご自分で掃除する事もできます)がかかります。
海洋散骨は墓の様に掃除や管理する必要もなく、管理費やお布施が発生することも無いので、
お子様やお孫様を含めた子孫の方々に、金銭的、精神的な負担をかけることもありません。

散骨証明書に散骨をした緯度・経度が記載してありますので、
家族で同じ場所に、散骨することも可能です。
現在の日本では少子化が進み、墓守をできる方も少なくなっています。
実は私も、そのうちの1人です。
メリット・デメリット
海洋散骨・お墓への納骨それぞれにメリット・デメリットがあります。ご家族に合う形を選ぶ際の参考に。
海洋散骨のメリット

故人の思い入れのある場所に散骨することが出来る

清々しく自然に葬ることが出来る

継承者がいなくてもよい

墓の様な負担を子供にかけなくて済む

墓を購入するような高額な金額がかからない

管理費などの経費が必要ない

宗教や宗派にこだわらなくてよい

組織などに入会する必要がない

宗教的、儀式的ではない、家族らしい葬送が出来る

都合に合わせた日程や方法でメモリアルクルーズが出来る

彼岸などの仏事にお参りにいかなくてもよい

メモリアルクルーズや手元供養など、カタチにこだわらない供養が出来る

お墓への納骨のメリット

墓が心の拠り所となる場所で家族の絆が出来る

寺墓地の場合、檀家になることで永年供養しもらえる

葬儀、年忌法要、供養などの相談が出来るので安心

改葬をすれば、遺骨の移動が出来る

海洋散骨のデメリット

手を合わせる明確な場所がない

家族が一緒に永眠出来ない

改葬・遺骨の移動が出来ない

遺骨が無くなり心の拠り所がなく不安や寂しさを感じる

お墓への納骨のデメリット

個人墓の場合、建立に多額の費用がかかる

管理費や塔婆代など継続的な負担がある

墓参りを負担に感じる

墓や墓周りの清掃・管理をしなければならない

個人墓や家族墓は、墓の修理・敷地内の植木などメンテナンスが必要

寺の場合、檀家になる事を強要されることがある

住職の人柄や考え方が合わず負担を感じる

引っ越しや転勤など、住所地が変わっても墓を動かすことが出来ない

改葬や墓じまいにもお金がかかる

墓があることで家族が同じ場所に納骨しなければならない

コンテンツ
ページトップ
電話番号